困っている女性
  • ホーム
  • トリコモナスに感染したらどんな風に対処する?

トリコモナスに感染したらどんな風に対処する?

トリコモナス症の感染原因は主に性行為によるものです。
しかし、トリコモナス症は下着やタオル、浴槽などにトリコモナス症の原因となるトリコモナス原虫が存在する場合には感染する可能性があります。
そのため、性行為がなくとも感染する可能性あり注意が必要です。

トリコモナス原虫は乾燥に非常に弱いことが特徴ですが、水中では長時間生存することも可能であるため、性交経験がない方や幼児でも家庭内や公衆浴場、プール・便器などで感染することもあります。
トリコモナス症となると一度感染すると治療を行わない限り完治することはありません。
治療せずに放置してしまうと、女性は卵管炎や骨盤内感染を引き起こす可能性があり、男性は前立腺炎や精巣上体炎を引き起こす可能性があるため早期の治療が大切です。

ただし、男女ともにトリコモナス症は無症状であることも多いことから、知らない間に相手にうつしてしまっている可能性もあります。
潜伏期間には症状もあらわれませんが、原因となるトリコモナス原虫は存在していることから、潜伏期間であっても感染を広げる可能性があるため注意が必要です。

トリコモナスの治療薬として最もよく活用されているのがフラジールです。
フラジールの主成分であるメトロニダゾールはトリコモナス原虫に対して殺虫的に作用します。
内服薬もありますが、膣内に挿入する膣錠もあります。
トリコモナス原虫を殺虫することによって、下で説明するトリコモナス症の症状を緩和できます。
フラジールの主成分であるメトロニダゾールは、トリコモナス原虫だけではなく様々な細菌感染の治療効果がある一方、膣内に存在する常在菌を障害することはないため、細菌性腟炎の治療にも用いられるものです。

さらに、トリコモナス症の治療にはフラジールだけではなくハイシジンも活用されています。
ハイシジンは、チニダゾールを主成分とする治療薬です。
フラジールと同様に、ハイジシンもトリコモナス原虫に対して殺虫的に作用します。
ハイジシンはフラジールと薬の作用機序や効果も非常に似ており高い効果を発揮する治療薬です。

男性より女性の症状が激しいのは何故?その原因は?

トリコモナス症とは男性は尿道炎や前立腺炎、女性は膣炎を引き起こす可能性がある性病です。
男性にはほとんど症状がなく、尿道に掻痒感・灼熱感・違和感を覚えるようになりますが、症状の程度は軽度であることがほとんどです。
尿道への感染だけである場合、排尿によって自然に治癒する可能性もあります。

他方、男性と比較して女性は症状の程度が重くなる傾向にあります。
女性の場合、症状として外陰部の掻痒感や灼熱感の症状があらわれます。
トリコモナスに感染している場合、悪臭を伴う黄色膿性、あるいは淡膿性のおりもので泡状であることが特徴です。
おりものが酷い悪臭を放つようになり、また泡立った状態となるのが他の性病とは異なる特徴です。

男性よりも女性の方が、症状が激しい傾向にあるため注意が必要となります。
女性の方が男性よりも症状が激しい原因は、トリコモナス原虫は水分のある箇所で繁殖しやすいからです。
トリコモナス原虫は非常に乾燥に弱く乾燥した場所では生きていけません。

女性の場合、トリコモナス原虫が膣内に侵入してしまうため増殖しやすくなり、症状が激しくなりがちです。
実際、男性よりも圧倒的に女性の方が罹患者は多く、症状も重症化しやすいため注意が必要です。
女子は症状が重症化してしまうと不妊症の原因となることもあり、妊娠している方は早産や流産につながることもあります。
妊娠している場合、フラジールやハイシジンのような治療薬についても注意事項があるため、使用にあたっては医師や薬剤師に相談することが大切です。
自覚症状がなくなった場合でも、自己判断で薬の判断を止めてしまうと再発の可能性があるため、治療にあたっては根気よく続けていく必要があります。