困っている女性
  • ホーム
  • カンジダ腟炎に感染か?おりものの色や臭いに変化が

カンジダ腟炎に感染か?おりものの色や臭いに変化が

カンジダ膣炎は性交渉で感染します。
男性は症状が現れにくいので発症していても気づかずにパートナーに移してしまう危険性があります。
しかし、カンジダ膣炎の原因菌の、カンジダ菌は人間が本来持っている菌です。
健康な時は表に出てきませんが、抵抗力が下がっているとき、激しくストレスを抱えている時などに勢いを増して表に出てくることがあります。

カンジダ膣炎は検査ではっきりわかり、治療も簡単にできますので、おかしいなと思ったら受診しましょう。
病院では膣を洗浄し、膣に入れる錠剤が処方されます。
膣に直接挿入する発泡性のお薬です。
かゆみ止めとして塗り薬も処方してもらえます。
膣の洗浄は産婦人科でしてもらいますが、妊娠中である場合は出産までに治してしまいましょう。

男性は泌尿器科で診てもらえます。
女性の場合、更年期になってホルモンバランスが崩れてきても発症する可能性があります。
おかしいと思ったら、すぐ受診しましょう。
カンジダ膣炎の症状としては、おりものに異常が見受けられるようになります。
白色酒粕状のおりものが出て、臭気が漂います。

また、デリケートゾーン全体が腫れぼったく熱を持ったようになり、かゆみがでます。
そのかゆみは結構強く、痛みを感じることもあります。
軽い場合は自然治癒することもありますが、一度なると再発しやすいのも特徴です。
治療は検査をしてもらってスタートしますが、再発の場合は市販の薬で治療が出来るようになりました。

初めての時は必ず、検査をしてはっきりと診断してもらって、お医者さんで処方してもらってください。
必要な薬を使わなければ治りが遅くなったり、治癒が見込めない可能性があるからです。
抵抗力が落ちているときは、女性の誰にでも起こりうるカンジダ膣炎です。
デリケートゾーンとおりものに違和感を感じたら早目の受診、治療を心がけましょう。
産婦人科に行ってください。
こういうときを機会として、自分に合った、かかりつけになってもらう産婦人科医を見つけましょう。

デリケートゾーンのかゆみや臭いは危険信号

白色酒粕状、あるいはヨーグルト状のおりものがあって臭気が強い場合、かゆみがないかも確認の上、ある場合は、カンジダ膣炎を疑いましょう。
疲れ、ストレスを軽減するように努め、下着や衣服は通気性の良いものを選び、蒸れないようにしましょう。
生理ナプキンやおりものシートもこまめに変えてください。

カンジダ膣炎であるという危険信号が出ているときはコンドームを使って性病予防と避妊をするというよりも、性交渉をしないことをお勧めします。
そうしなければ繰り返し感染が起り完治することがありません。
女性はデリケートゾーンや膣に痛みやかゆみがあるので、良い状態とは言えませんので、治るまで避妊ではなく禁欲生活をお勧めします。
体が危険信号を発している時ですので、体をいたわってあげてください。

治療薬の膣に入れる錠剤は一回目は産婦人科で入れてもらいますが、2回目からは家で自分で挿入することになります。
指をきれいに洗ってから、膣の奥深くまで入れてください。
使用後も、きれいに指を洗いましょう。
お風呂の後の寝る前に入れるのが一番効果的で、3~4日で改善します。
お風呂の時のタオル類の家族間の共用も治るまでは避けてください。
温まるとまた、かゆみは出やすいので気を付けましよう。
掻き壊すと傷が出来てしまうのでそうなる前に軟膏などで、かゆみを落ち着かせるとよいです。

今まで何ともなかったのに急にデリケートゾーンがむず痒くなり、変な白色酒粕状の強い臭気のあるおりものが出るようになったら危険信号です。
症状が軽いうちに治しましょう。
妊娠中は出産までに治さないと赤ちゃんに感染する可能性もあります。
恥ずかしがらず、医師に相談して、治してしまいましょう。